千葉での葬儀の日程について

千葉に限らず葬儀を行う場合は、日程が重要となります。

特に喪主や遺族は葬儀日程をきちんと把握しておかないといけません。

・葬儀日程について

一般的には亡くなった後にお迎え、安置をして納棺後通夜を行います。

通夜は亡くなった翌日、葬儀や告別式は亡くなった翌々日に行います。

葬儀が済んだら火葬となりますが、千葉の一部では先に火葬をしてから通夜と葬儀をする前火葬というやり方もあります。

この場合は先に火葬をするだけの違いで、通夜と葬儀はその後に行います。

亡くなった時間によっては通夜の開始時刻が変わる事がありますが、大抵の場合は夕方から夜、18時頃に開始する事が多いです。

通夜は本当に親しい人や近くにいる人だけが駆けつけますので、通夜式自体は1時間ほどで終わり、その後故人と最後の食事をするという意味の通夜振る舞いを行います。

・葬儀社との相談

地域や季節によっては、火葬場が空いておらず火葬の順番を待たなければいけない事があります。

この場合は葬儀社と火葬場の予定と相談して、葬儀日程を決める事になります。

法律では亡くなってから24時間以内の火葬は認められていませんが、24時間以上経過していれば特に指定はないので、少し遅れる事はあります。

・まとめ

葬儀日程は一応スケジュールが決まっていますが、火葬場との関係で必ずしも一般通りというわけには行かない事があります。

こういう場合は葬儀社とよく相談して葬儀日程を決めますが、遅れるような場合は葬儀社が適切に対処してくれます。