千葉の葬儀における喪主の挨拶

千葉のどこの葬儀場で葬儀を行うか決まったら、喪主は挨拶の事も考えておかなくてはいけません。

●喪主の仕事について⇒お葬式を取り仕切る「喪主」の役割と決め方 – シニアガイド

千葉県内でも場所により風習が異なりますが、喪主の挨拶は共通しています。

・喪主の挨拶

葬儀を行う喪主は、葬儀が終わった時に参列者に挨拶をします。

喪主が挨拶するのも葬儀のマナーですが、悲しい中で挨拶をするのは容易なことではありません。

しかしこればかりは省略するわけにはいきません。喪主の挨拶は短くても大丈夫です。

ネットで挨拶に関する例文を紹介しているサイトを見ておくといいかもしれません。

・挨拶の内容

葬儀の時の喪主挨拶は、参列者への感謝とお礼、故人が生前お世話になった事の感謝を伝える事が大切です。

通夜や葬儀に参列する場合は、とりあえず駆けつけるのがほとんどですから、忙しい中来てくれた事に感謝する言葉から始めます。

通夜の場合は、皆に見守られて個人が喜んでいる、安心している事なども盛り込み、飲み物などを用意している場合はそれを伝え、告別式の日程を伝えておきます。

葬儀の場合も参列してくれた事への感謝、これから出棺する事、残された遺族の事もよろしくお願い致します、などと伝えるのが一般的です。

妻や子が喪主を務める場合は、妻や子である事を最初に伝えておきます。

・まとめ

喪主の挨拶というとそれだけでも緊張してしまいそうですが、基本的にはシンプルでも問題ありません。

参列してくれた事への感謝と、これからの事を頼むというような内容であればいいでしょう。

挨拶の例文もたくさんありますので、そこから引用してもいいかもしれません。